弁護士コラム

定期預金も当然分割されなくなるの?

相続人の間の紛争が熾烈な場合、当然分割が利用できるのが気楽ですが、平成28年最高裁大法廷決定以来、この法理が定期預金にも妥当するのか、肯定説と否定説が対立していました。しかし、最高裁平成29年4月6日家庭の法と裁判11号2017年10月66頁で判断が示されました。

 

【問い】共同相続された定期預金債権及び定期積金債権は、いずれも、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されるか。

【結論】相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはない。

 

1 本件は,亡Cの共同相続人の1人であるXが,亡Cが信用金庫であるYに対して有していた普通預金債権,定期預金債権及び定期積金債権(本件預金等債権)を相続分に応じて分割取得したと主張して,Yに対し,その法定相続分相当額の支払

続きを読む

2017/10/07

平成28年判決の射程距離

平成28年の遺産分割については、普通預金債権、通常貯金債権、定期貯金債権以外の預貯金についても及ぶ。

 

しかし、可分債権のうち、預貯金を除くものについては、平成28年判例の射程距離は及ばないと解されている。

 

したがって、損害賠償債権、賃料請求権、報酬請求権、預貯金以外の金銭債権については判断をしておらず残された課題と思われる。

 

 

2017/08/03

預金と遺産分割につきまして

金融機関は、相続人全員の署名・捺印を要求するというのが一般でした。しかし、これを否定したのが当然分割承継説でした(最判昭和29年4月8日民集8巻4号819頁)。

 

今般では、預金債権につき一部の相続人が、法定相続分の払い戻しを単独で請求する事案が増加しました。最高裁もこれを認めています。(最判平成16年4月20日金法1711号32頁)

 

しかし、当然分割されず遺産分割の対象となるという最高裁判例が出されました(大法廷平成28年12月19日)。

 

さて、この平成28年判例については可分債権一般には及ばないものの相続預金については,妥当するものです。

 

およそ預貯金については、遺産分割が終了する

続きを読む

2017/08/03

預貯金と最高裁

平成28年12月19日の最高裁判決。

 

記憶に残っている方も多いかと思いますが、預貯金債権に関する従前の裁判例を変更する決定を出しています。

 

要点は、共同相続された普通預金債権、通帳貯金債権及び定期貯金債権は、いずれも、相続開始とどうじに当然に相続分に応じて分割されることはなくなりました。

 

もっとも、預貯金から散逸したもの、生前払戻金、死後払戻金については遺産分割の対象とはならず、当然分割になるという解釈となっています。死後に払い戻したものは、遺産分割の対象にならないゆえに、当然分割と、制度が優先されている印象もありますね。

2017/07/21

自筆証書遺言には、検認済証明書が必要

 自筆証書遺言は検認という手続が必要となります。

 

 といっても、審判廷で、裁判所が開けてもらうだけなのですが。

 

 検認手続を経ないで自筆証書遺言に基づく遺言執行というのは拒否されるのです。

 

 金融機関においても相続の執行手続として、遺言書1通につき150円分の収入印紙が必要となります。

2014/06/10

遺言書を隠してしまうと「相続欠格」

 自分に不利な遺言を隠してしまうという人は、サスペンス劇場ではなくてもいるものです。

 

 具体的な中身を見ますと、欠格は不当な利得を得ることを目的としている必要がありますので、他の相続人中、遺言書の存在を知る場合、他の相続人が遺言書の内容を知る者がいる場合、相続上の不当な利益を得る目的まで必要と解されています。

 

 不当な利益を得る目的がない場合はそこまで厳しく処罰されないということですね。

 

 ポイントとしては、欠格事由は代襲原因となりますので、孫がいる場合は孫が相続人になるということになります。また、裁判所の手続はいらず「当然」に相続人の資格がなくなってしまいます。

2014/06/10

弁護士が伝授!遺産相続に巻き込まれないポイント 第3回目、第4回目のコラム好評公開中です。

 名古屋の相続専門弁護士の服部です。

 

 bizoceanという各種書式が満載のビジネスサイトで、4週にわたり遺産相続に巻き込まれないポイントを解説しています。

 

 第3回目は遺産相続のゴール、多くは不動産登記をするまで、ですが、遺産分割協議書の書式を紹介しています。

 

 相続登記には、遺産分割協議書が添付情報として必要になることがほとんどですから、書式をみつつ専門家に依頼しても構わないかもしれません。

 

 最終回は、遺言はあるけれども、というケースです。依頼者で「先生、遺言を書いてきました」と自筆証書遺言をみたらワープロで書いてあった・・・というのは完全な実話です。

&n

続きを読む

2014/05/28

定額郵便貯金は当然分割されない!

 北海道の弁護士から、金銭債権は分割債権なのだから調停などやる必要はないなどといわれたことがありますが、実務上の流れとだいぶ異なるうえ定額郵便貯金は当然分割されないという判例が出ました(最判平成22年10月8日)。

 

 つまり、定額郵便貯金預金債権は相続によっては当然に分割されないことが分かりました。したがって、帰属は遺産分割をしないと決まらないということになりました。そして、帰属に争いがある場合については、遺産確認の訴えが起こすことができるとされました。

 

 この判例は少数説を採用したものであり、定額郵便貯金債権が相続による分割されると解されると、それに応じて、利子を含めた債権額の計算が必要である事態を招きかねず、定額郵便の事務の定型化、簡素化を図る趣旨に反するとされました。

続きを読む

2014/05/20

遺産分割のやり直しはできますか。

 名古屋の相続専門弁護士のコラムです。

 

 さて、いったん遺産分割協議をしたものの、やり直すことってあるのでしょうか。

 

 原則をいえばやり直しはできません。ですから、やり直さなくても良いようにきちんと熟議をして遺産分割協議を成立させることになります。

 

 しかし、民法上は例外的に相続人全員の合意がある場合、詐欺ないし錯誤がある場合は、遺産分割協議について解除や取り消しができるとしています。

 

 ただし、遺産分割でとある約束をしたのにそれを守っていないからやり直しをして欲しいというのは通らないのです。典型的には、一次相続の際、残された両親の片方の面倒をみると約束しておきながら、その約束を守ら

続きを読む

2014/05/16

123