あんしん財産の管理(後見人)

法律家が後見人につき財産を管理して、ご本人も家族も快適な生活をすることができる サポートをいたします。

法定の後見は残念ながら対策をとることができなくて、身内の高齢者が意思能力をなくしてしまって、「困ったことが起きた状態」のことをいいます。お父様が認知症にかかられてしまった場合などが考えられます。
預貯金を降ろしたり保険金を請求したりするという財産管理ができなくなってしまったという困った方でも、法律家が後見人につき財産を管理して、ご本人も家族も快適な生活をすることができるサポートをいたします。
意思能力の程度によっては遺言を作ることもできますから、お気軽にご相談ください。

法律職は、収益物件の賃貸の関係、保険会社が希望を支払わない、兄弟が高齢者を取り合いになるということで、財産管理上の紛争解決にもご安心いただいて管理することができます。また、司法書士の資格を有しておりますので、不動産関連の財産管理も得意としておりますので、ご安心してお任せいただけます。また、家庭裁判所に定期的な財産管理の報告をする手間を省くことができますし、弁護士の職責の公正さとしての存在感から相続開始までは落ち着からせることができます。弁護士は、裁判所から多くの後見人に選任されています。

法律家が後見人につき財産を管理して、ご本人も家族も快適な生活をすることができる サポートをいたします。

初回30分無料相談

お問い合わせフォーム