老後に備えて(任意後見)

任意後見の契約書を作ることにより、あなたの財産を適正に管理し快適な生活をお約束します。

身寄りがない方に信頼できる法律家が、あなたの万が一に備えます。そして、任意後見の契約書を作ることにより、あなたの財産を適正に、管理することにより、快適な生活をお約束します。

任意後見制度

任意後見制度

任意後見契約は、高齢者(「委任者」といいます)が弁護士に対して、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な状況における自己の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務の全部又は一部を委託し、その委託に係る事務について代理権を付与する委任契約であって、家裁が任意後見監督人を選任した時からその効力を生ずる定めをしたものをいいます(任意後見2条1号)。

任意後見というのは、原則として精神障害によって判断能力が低下するよりも前に、すなわち健康な状態のうちに後見契約を締結しておきます。
後見契約では、任意後見人となる者及びその権限の内容を定めておきまして、本人の判断能力が低下した場合、家庭裁判所が任意後見人を監督する任意後見監督人を選任して、契約の効力を生じさせるものです。つまり、精神上の障害が発生した場合において、任意後見監督人が選任されると任意後見契約が効力を生じることになります。

初回30分無料相談

お問い合わせフォーム

ぶれいぶネット(任意後見への橋渡し契約)

ぶれいぶネット4つの強み

身元保証人になります

会員様が入所する施設に、名古屋ブレイブハート法律事務所が一定の条件を満たす方の身元保証人になります。

強み1

任意後見契約を締結できるオプションがあります

将来、万が一にも判断能力が低下したときに、援助してくれる法律家を選んでおいて、財産管理などの援助を受けられるようにあらかじめ定めておくことができます。後見人という法律家である弁護士が、依頼者の意思を尊重して、財産管理の代理をします。

強み2

弁護士・税理士業のサポートが簡単に受けられます

名古屋ブレイブハート法律事務所での相談は無料、財産管理を任すことができます。例えば、施設の入所料の支払い等、遺言書の作成、遺言書の内容を実現できます。

強み3

死亡時支援

会員様が万が一お亡くなりになられた場合、遺体を引き取り火葬させていただきます(オプションとしての追加となります。)。

強み4

費用

入会金 3万円
年会費 年1万円
契約金 11万円(任意後見契約を締結すれば22万円)
身元保証料 1万1,000円(1年分前払いとなります。)
任意後見契約が効果を生じるまで(ご体調が悪くなるまで) 月5,000円
死亡時支援 15万円
ご親族様に対するご連絡の代行 2万1,000円
遺言書がない場合、かつ推定相続人がいない場合は相続財産管理人の申立 5万2,500円
遺言書 5万2,500円(遺言コンサルティングの場合は10万円から50万円の範囲です。)
相続人調査(必要的) 2万円
預託金 80万円(預託金が80万円を下回ったら、追加をお願いすることとなります。)
死亡時支援預託金 50万円(お葬式、埋葬などの費用)

初回30分無料相談

お問い合わせフォーム

任意後見契約の種類

1

移行型というのは、委任者と受任者は任意後見契約を締結します。
しかし、任意後見契約の効力が生じるのは、精神上の障害があり、任意後見監督人が選任されたときです。
したがって、お元気な状態が続きますと、任意後見契約は効力を生じないことになります。
しかし他方で、ご高齢になると法律事務が必要になる場合はお願いをしたいという方も多くなるかと存じます。そこで、任意後見契約が効力を生じるまでの橋渡しをするための契約、つまり委任契約に基づく事務処理を行うことになります。
原則として、ぶれいぶネットの契約というのは、「移行型」の契約が多いといえます。ぶれいぶネット契約というのは、任意後見が効力を生じるまでの橋渡しのためのものであり、任意後見の効力が生じた場合はそれを行うこととなります。

2

契約は、公正証書で作るから安心です。
任意後見契約は、法務省令で定めるところにより、公正証書で締結します(任意後見法3条)。任意後見契約は公証人の嘱託に基づき登記がなされます。

3

任意後見契約は、後見監督人が選任されるときにスタートします。
精神上の障害により、本人の事理弁識能力が不十分な状況にある場合に、家庭裁判所は、本人・配偶者・四親等内の親族、又は任意後見受任者の請求により、任意後見契約は発効する。

初回30分無料相談

お問い合わせフォーム