農家の方の相続対策

孫の代まで世代を継いで 農業継承できるようにする方法をご提案いたします。

農家は日本の誇りです。農家のみなさんは生涯現役、畑のうえで最期を迎えたいという人もいると農家の方から聴きました。しかし、農家は後継者が不足してお悩みの方も多いと思います。でも、孫が農学部に進学したり農業経営に関心を持ったりしているご家族がいらっしゃいませんか。農家のお子さまは公務員や大企業など優秀な方もいらっしゃって、後継者不足に悩んでおられる農家さまのお話しを何件もうかがった経験があります。

意外と農地の相続を希望するお孫さんはいらっしゃいますので農地の相続税の納税猶予制度を利用することができます。農地が市街化されている場合はご相談をおすすめいたします。

また、農家の方は賃貸住宅を経営されている方も多いと思いますが、遺された農地の管理をどのようになされるか、あなたの意思を遺すお手伝いをします。農地の管理の委託・資産の有効活用などのご遺言でつなげるお手伝いをいたします。

孫の代まで世代を継いで 農業継承できるようにする方法をご提案いたします。

農地は、一方に農地を相続させる、両方に均等に農地を相続させる、という遺言を作ることが考えられます。私たちは、長男と次男が農業に従事していたとしても、世代を継いで農業が永続的に発展していくためのお手伝いをします。また、孫の代まで仲良く農業継承できるようにする方法をご提案します。

初回30分無料相談

お問い合わせフォーム